宅建士講座


宅地建物取引士とは?

宅地建物取引士(以下、宅建士)は、不動産の取引を行う際に、取引を円滑に進める役割を担う国家資格です。
『重要事項の説明』『重要事項説明書面への記名・押印』『37条書面(契約書)への記名・押印』といった独占業務(宅建士の資格を持っていなければできない業務)に従事できることから、毎年20万人以上の受験者があり、就職・転職にもたいへん役に立つ、ニーズのある資格です。
不動産業においては、事業所毎に、従業員5人につき1人の割合で宅建士を置かなければならないと法律で決まっています。不動産業への就職・転職を目指す場合には必須の資格ですが、金融業、小売業、外食産業など活かせる場所は多岐に渡ります!

宅地建物取引士だけの独占業務とは・・?

重要事項の説明
不動産を購入しようとする人(買主)または借りようとする人(借主)に対して、契約をする前に、取引物件の『重要事項の説明』を行います。
重要事項説明書面への記名・押印
『重要事項の説明』を行う際には、重要事項を記載した書面である「重要事項説明書(35条書面)」に宅建士の記名・押印をしなければなりません。記名・押印をした後、重要事項説明書を相手方に交付して説明を行います。
37条書面(契約書)への記名・押印
重要事項の説明を終え、取引の相手方である買主または借主が契約内容に合意できれば契約の締結となります。契約内容を記載した37条書面(契約書)を相手方に交付した後、宅建士の記名・押印を行います。

年間約20万人が受験する人気の資格!

毎年約20万人もの人が宅建士試験を受験する国家資格の中でも人気のある資格です!
合格率は15~17%と、決して難しい試験ではありませんが、正確な知識が無ければ合格できない資格でもあります。

試験データ

宅地建物取引士の魅力

多くの企業で多額の資格手当ての支給!
その理由として、土地や建物等の不動産の取引・代理・仲介をする際に必ず、宅地建物取引士が重要事項の説明をしなければなりません。
さらに、事務所ごとに最低1人、5人に1人以上の割合で専任の宅地建物取引士を置く必要があり、多くの人材を必要としています。
独立、就職、転職に有利!
その理由として、上記と同様、重要事項の説明、業者としての人員確保のためです。
また、多くの方が独立し、起業しています。
自分自身が土地、建物を賃借・取得する際にも!
宅建試験合格者なら当然、土地、建物の知識がありますので、一生の買い物をする際にも心配はいりませんよね!
資格は、一生有効です。
活躍できる場所は幅広いので、いざ!というときに備えて取得される方も多いです!
この通信講座の特長

どんな人が受けてるの?

合格者職業別 内訳
教材のご紹介
やはり、不動産業に従事している人の合格率は高いですね!
多種多様な職業でも、合格しやすいといえます。
合格者職業別 平均年齢 内訳
教材のご紹介
平均30~40代の合格率が高いですね。しかし、学生でも合格していることから、どの年代でも合格しやすいといえます。

教材内容

【権利関係】のテキストはこちら

権利関係の教材

【宅建業法】のテキストはこちら

宅建業法の教材

【法令制限等】のテキストはこちら

法令制限等の教材

【過去本試験テーマ別】の問題集はこちら

テーマ別の教材

【添削問題集】はこちら(全2回)

添削問題集

添削問題は、基礎問題+応用問題(総合模擬試験問題)の2種類ご用意しました!
繰り返し解いていくことで、テキスト内容の復習ができます。
出来なかった箇所を念入りにやり直し、得意科目を増やしましょう! 


【添削問題① 基礎編の構成】
【添削問題① 基礎編の構成】
① 権利関係(14問)
② 宅建業法(20問)
③ 法令上の制限(8問)
④ その他の分野(8問)

【添削問題② 応用編の構成】
【添削問題② 応用編の構成】
~総合模試試験問題~
① 権利関係(14問)
② 宅建業法(20問)
③ 法令上の制限(8問)
④ その他の分野(8問)

【質問カード】はこちら

質問カード
質問について
学習の途中で、分からない事や疑問に思う箇所があれば、
この「質問カード」に記入し、送付してください。
もちろん、メールやFAXでもお受付ております!

質問用アドレス info@maunharf.co.jp

教材のご紹介

ちょこっとお見せします!文字ばかりのテキストではありません!

教材中身1
息抜きにもってこい!全テキストに「コラム」を載せている
ので、より知識がみにつきます。
教材中身2
内容の大枠をつかむための、図表+覚えやすいゴロ合わせを載せているので、試験直前でも頭に入ってきやすい!

学習スケジュール

やるからには、効率的な学習方法を試したいですよね?
MHJの宅建講座では、基礎~応用までを繰り返し解くことで理解度をアップさせる
リボルビング式学習」を取り入れています!

学習スケジュール表

受講料金

さぁ!学習をスタートしましょう!

※特定商取引法に基づく表記をご確認ください。詳しくはこちら
※分割払いをご希望の方は、教材発送の際に郵便局の振替用紙を同封しますので、そちらでご入金ください。

お支払い方法
 マイページ登録者のみ、クレジット決済のご利用ができます
クレジットカード
(VISA,JCB,MASTER,AMEXが使用可能)
銀行振込 三井住友銀行 新宿西口支店(店番259)
普通預金 7389071
株式会社マウンハーフジャパン
(カブシキガイシャマウンハーフジャパン)

お申し込みはこちら

試験概要


試験ガイド

  • 主催:一般財団法人不動産適正取引推進機構
  • 受験資格:制限なし
  • 実施試験日:年1回 例年10月の第3日曜日を予定
  • 試験会場:全国の受験会場の中から選択
  • 出題形式:50問(四肢択一式による筆記試験(マークシート))※登録講習修了者は45問
  • 試験時間:13:00~15:00(2時間)
  • 受験料:7,000円 ※一旦、お振込みされた受験料は、お申込み受付ができなかった場合を除いて、返金いたしません。

試験内容

出題分野 出題数

1. 土地の形質,地積,地目及び種別並びに建物の形質,構造及び種別に関すること。 2問
2. 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること(権利関係)。     14問
3. 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。 8問
4. 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。 2問
5. 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。 3問
6. 宅地及び建物の価格の評定に関すること。 1問
7. 宅地建物取引業法(宅建業法)及び同法の関係法令に関すること。 20問

※上記のうち,2・3・7の3分野で,出題数の“8割以上”を占めていることがわかります!
そこで,この3分野は“主要3分野”などと呼ばれています。

どのような問題が出題されるの?

【権利関係分野】 未成年者に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。
1. 父母とまだ意思疎通することができない乳児は、不動産を所有することができない。
2. 営業を許可された未成年者が、その営業のための商品を仕入れる売買契約を有効に締結するには、
    父母双方がいる場合、父母のどちらか一方の同意が必要である。
3. 男は18歳に、女は16歳になれば婚姻することができるが、父母双方がいる場合には、必ず父母双方の
    同意が必要である。
4. Aが死亡し、Aの妻Bと嫡出でない未成年の子CとDが相続人となった場合に、CとDの親権者である
    母EがCとDを代理してBとの間で遺産分割協議を行っても、有効な追認がない限り無効である。
正解はこちら
(正解)4
【宅建業法分野】 宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
1 甲県に事務所を設置する宅地建物取引業者(甲県知事免許)が、乙県所在の物件を取引する場合、
    国土交通大臣へ免許換えの申請をしなければならない。
2 宅地建物取引業者(甲県知事免許)は、乙県知事から指示処分を受けたときは、その旨を甲県知事に
    届け出なければならない。
3 免許を受けようとする法人の政令で定める使用人が、覚せい剤取締法違反により懲役刑に処せられ、
    その刑の執行を終わった日から5年を経過していない場合、当該使用人が取締役に就任していなければ
    当該法人は免許を受けることができる。
4 宅地建物取引業に関し不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかな者は、宅地建物取引業法の規定に
    違反し罰金の刑に処せられていなくても、免許を受けることができない。
正解はこちら
(正解)4

Q&A


Q1 教材はどのように届くのですか?

入金確認後、3営業日以内にテキスト等は宅急便にて配送いたします。発送が完了したのち、発送完了のお知らせをメールにてご連絡いたします。なお、教材によっては、郵便にてお送りする場合もございます。

※教材によって発送時期が異なりますが、順次発送させていただきます。
※配送業者の指定はできません。

Q2 受講中に質問があったらどうすればいいの?

受講期間中でしたら、いつでも回数制限なく、質問を受付ております。質問方法は、メール又はFAXにて承っております。

※専任講師に確認するため、返答にお時間を頂戴する場合がございますので、予めご了承ください。
  • 宅建士メルマガ
  • 2015年のあゆみ
  • 通関士合格体験記
  • 片山立志のいろいろブログ
  • 貿易実務検定協会公式フェイスブックファンページ
  • 国際実務マーケティング協会フェイスブックファンページ
  • 通関士参考書
  • 通信講座
  • 法令改正情報
  • 貿易実務検定
  • 会計ファイナンジャル検定
  • マーケティング・ビジネス
  • 登録販売者試験対策メルマガ
  • 受講生の家族通信講座20%off
  • 貿実英語あれこれコラム集
  • 海外発送/国際配送サービスの転送コム

お問い合わせ

お申し込み

TOP