日商簿記検定講座(2級・3級)

平成28年度より日商簿記検定(商業簿記)試験範囲が変わります!

日本商工会議所は、商業簿記の試験範囲を平成28年から平成30年の3年間かけ、段階的に変更を行うと発表しました。
(工業簿記は変更ありません)そして平成28年度6月試験より新試験範囲での日商簿記検定試験が開始します。
(平成28年2月検定試験までは、試験範囲の変更はありません。)この改訂により、2級商業簿記は大きく変わります!

試験範囲改訂により、今がチャンス!?

日本商工会議所のホームページには、

平成27年度に適用される区分表に改定事項はありませんが、上記の平成28年度以降に向けた改定に伴い、平成27年度の簿記検定試験においては、 (平成27年度から平成28年度にかけて継続的に学習する受験者等を考慮し)平成28年度以降も引き続き当該級の範囲となっている内容を中心に出題することといたします。

※日本商工会議所「平成28年度以降の簿記検定試験出題区分表の改定等について」より引用

と記載されています。

つまり、平成28年度6月以降の試験で除外される項目は、平成28年2月試験では出題可能性は低いと予想できます。
範囲が限定されますので、簿記試験を受けるなら今がチャンスです♪特に大きく試験範囲が変わる2級簿記がチャンスです!

マウンハーフなら新試験範囲にも完全対応!

今回の改正で、2級商業簿記の試験範囲が大きく変わりますが、ご安心ください!!
マウンハーフの簿記講座では、新試験範囲にも完全対応しています!
平成28年6月以降の試験にご受験をお考えの方へ向け、追加レジュメDVD無料でお送りいたしますので、
安心して学習を進めることができます!(平成28年2月検定試験までは、試験範囲の変更はありません。)
さぁマウンハーフの通信講座で日商簿記検定試験合格を目指しましょう♪

※3級講座では、追加レジュメ・DVDの送付は予定していません。
※新試験範囲の詳細については、日本商工会議所HP等でご確認ください。

年間、40万人以上が受験する大人気資格です!

この講座で目指せる資格

日商簿記2級・3級

この通信講座の特長
 

教材内容

3級
3級教材内容の詳細
2級
2級教材内容の詳細

教材写真
2級・3級セット講座

受講料金

3級
3級料金案内
2級
2級料金案内
2級・3級セット
2・3級料金案内
さぁ!簿記の学習をスタートするなら今がチャンスです!

お申し込みはこちら

日商簿記検定とは?

企業では、商品を購入し販売して利益を得たり、資金を借り入れたり、時には備品等を購入する活動を行っています。これらの活動を一定のルールに従い、もれなく記載するのが『簿記』です。
簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わず、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財務状態を明らかにします。簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につき、活躍できる場所は広がります。
日商簿記検定は年間約55万人の方々が受験する、社会的に高い信頼と評価を得ている検定試験です。企業の採用や大学・短大の推薦入試、単位認定の基準などにも利用されています。

試験ガイド

  • 主催:日本商工会議所
  • 受験資格:制限なし
  • 実施試験日:年3回 例年2月、6月、11月の日曜日
  • 試験会場:全国の受験会場の中から選択
  • 試験時間:2時間(2・3級共通)
  • 試験科目:3級 商業簿記
  •          2級 商業簿記、工業簿記
  • 配点:3級 商業簿記(100点)
  •          2級 商業簿記(60点)、工業簿記(40点)
  • 合格基準:100点満点中70点以上の得点で合格(2級・3級共通)

どのような問題が出題されるの?

下記のような「仕訳」が出題されます。日常的におこなわれている取引の「帳簿」がつけられることによって、財務諸表が読み取れる知識が養われるのです!

  • ・1台あたり¥200,000の事務用パソコンを3台購入し、代金は月末に支払うこととした。
    なお、引取運賃¥5,000は現金で支払った。

    正解: 備品 \205,000 未払金 \200,000

    現金 \5,000

  • ・マウンハーフ商店へ商品¥50,000を売り渡し、代金は月末に受け取ることとした。
    なお、当店負担の運賃¥1,000は現金で支払った。

    正解: 売掛金 \50,000 売上 \50,000

    発送費 \1,000 現金 \1,000